東京外国語大学で一般聴講生として学んでいる市民のキャンパスライフをより充実した有意義なものとするためのフォーラムです

日本音楽理論研究会 第35回例会のお知らせ(10月6日)

各位

こちら東京では日に日に秋が深まっておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
日本音楽理論研究会より第35回例会のお知らせです。

今回のプログラムをご紹介いたします。

前半は、当会会長であり日本の音楽理論を国際的なレベルを超えるまでに高めた島岡譲氏が、弱冠22歳のときに作曲した《前奏曲とフーガ ト短調》 (1948年、日本音楽コンクール入賞)の岩河智子氏による分析です。この作品の管弦楽譜は散逸してしまったようですが、発掘されたスケッチ譜が林達也氏によって再オーケストレーションされ、70年の時を経て昨年(2018年)に再演されました。その完成度の高さとロマン派的詩情溢れる音楽に多くの人々が魅了されました。例会当日は再演時の録音も再生されるので、お聞き逃しなく!

後半は、”Take the 'A' Train”(《A列車で行こう》)などで有名なデューク・エリントンに関する(彼自身の作曲でない作品、および他の作曲家との共作を含む)作品の分析を、ポピュラー音楽専門の川本聡胤氏と見上潤によるコラボ発表で行います。まず見上が島岡理論の適用した分析を試み、その後、川本氏にはアメリカ式音楽理論からの意見をいただきます。今日まだ統一的な分析に至るまでの道程は遠いでしょうけれども、同一作品を異なった立場から見てすり合わせることで何らかの成果を得ることになりましょう。更に、多方面からの議論を期待しています。

また、今回は発表者3人によるラウンドテーブルの時間も設けました。当日発表内容を中心に、今後の音楽理論の展望をご参加のみなさまと共に大いに語り合いたいと思います。

みなさまの奮ってのご参加お待ちしております!

日本音楽理論研究会第35回例会
日時: 2019年10月6日(日)13:20-17:50 (受付開始13:10)  
会場: 国立音楽大学AI(アイ)スタジオ (JR国立駅南口下車、国立音楽大学付属幼稚園地下) 
〒186-0004 東京都国立市中1-8-25 TEL: 042-573-5633
参加費: 一般¥2000/学生¥1000 【当日飛び入り大歓迎!】 
懇親会: 参加費¥2000 18時より「ロージナ茶房」

*** プログラム ******
◆ メイン発表 岩河智子 「島岡譲《前奏曲とフーガ ト短調》(1948/2018) の分析」
発表90分 13:20−14:50 質疑応答20分 14:50−15:10

会からの連絡+休憩20分 15:10-15:30 

◆ コラボ発表 見上潤vs.川本聡胤 「デューク・エリントンの分析 ――島岡理論とアメリカの音楽理論の視座から」 15:30−17:00 

◆ 発表者3人によるラウンドテーブル 17:00−17:50
*** 今後の例会の予定(発表者募集中) ******
※ 注意: 日程・時間・内容等、変更になる場合がありますので、最新情報はホームページなどでご確認ください。
★ 第36回例会 2020年5月17日(日)  国立音楽大学AI(アイ)スタジオ 
岸本哲弥 「リスト《ピアノソナタ》の分析」 他未定
★ 第37回例会 2020年10月4日(日)  国立音楽大学AI(アイ)スタジオ 
詳細未定
*********************************************************
日本音楽理論研究会事務局(本部) Secretariat of THE SOCIETY FOR MUSIC THEORY OF JAPAN
HP: http://sound.jp/mtsj/ TEL &FAX: 097-545-4374 Email: endo@oita-pjc.ac.jp
〒870-0833 大分市上野丘東1-11 大分県立芸術文化短期大学音楽科 遠藤研究室気付
日本音楽理論研究会東京事務局 Tokyo office of THE SOCIETY FOR MUSIC THEORY OF JAPAN
Email: dolcecanto2003jp@yahoo.co.jp (見上潤 Mikami Jun)
*********************************************************

Announcement about the 35th meeting of the Society for Music Theory of Japan (October, 6th); Please share this news!

Dear friends,
We are happy to announce about the upcoming 35th meeting of the Society for Music Theory of Japan.
Please find the program of our meeting below.

In the first half of the meeting, Ms. Tomoko Iwakawa will share with us the results of her analysis of "Prélude et fugue en sol mineur" (1948, the Japan Music Competition award). This piece of music was composed by Prof. Yuzuru Shimaoka at his age of 22. Today Prof. Shimaoka is known as the Chairman of our Society, who has contributed to developing music theory, especially of harmony in Japan and taken it to the international level. The original arrangement of "Prélude et fugue en sol mineur" for orchestra seems to have been lost; however, some sketches were found out over time, and this piece was rearranged for orchestra by Mr. Tatsuya Hayashi. In 2018, 70 years after "Prélude et fugue en sol mineur" was played live again. Many people were fascinated by the completeness and romantic nature of this piece of music! On the day of our meeting we are going to play back the recording of that performance. Do not miss it!
In the second half of the meeting, you will hear an analysis of some works related to Duke Ellington (both his own compositions and those written in collaboration with other composers) such as “Take the 'A' Train”. The analysis will be presented by me, Jun Mikami, in collaboration with a specialist on popular music, Akitsugu Kawamoto. I will present my analysis based on Shimaoka’s theory, while Mr. Kawamoto will share his interpretation and opinion based on American music theory. Although our analysis might still be far from being a complete one, we would like to have a comprehensive and fruitful discussion looking at the same works from different perspectives, and we would like hope strongly the audience to take an active part in it.
After that, all the three speakers will participate in a round table. The speakers and the participants of the meeting will talk about the prospects of music theory, bearing in mind the contents of the presentations.
We are looking forward to your participation!
*********************************************************
The Society for Music Theory of Japan, the 35th biannual meeting
Date and time: the 6th of October 2019 (Sunday), 13:20-17:50 (open from 13:10)
Venue: Kunitachi College of Music, AI Studio (the South exit of Kunitachi station on the JR Chuo line, B1F of the kindergarten attached to Kunitachi college of Music)
186-0004 Tokyo, Kunitachi-shi, Naka 1-8-25
Tel: 042-573-5633
Participation fee: general \2000 / student \1000
Please note that you a free to come any time. Anyone is welcome to join!
Party: participation fee \2000, start at 18 o’clock, “Rojina-Sabou”
*** Program ******
◆ Main presentation: Tomoko Iwakawa. “Analysis of Yuzuru Shimaoka's "Prélude et fugue en sol mineur (1948/2018)"
Presentation time: 90 minutes, 13:20-14:50
Q&A: 20 minutes, 14:50-15:10

Short announcement & break (20 minutes) 15:10-15:30

◆ Joint presentation: Akitsugu Kawamoto vs. Jun Mikami. “Analysis of Duke Ellington: from the perspectives of Shimaoka’s theory and American music theory” 15:30-17:00

◆ Round table (3 panelists) 17:00-17:50
*** Information about our future meetings (we are looking for speakers!) ****** 
(Caution: the date, schedule, and the contents of the meetings may be changed. Please check our website)

★ The 36th meeting, 17th of May 2020 (Sun) at Kunitachi College of Music, AI Studio
Tetsuya Kishimoto. “Analysis of Liszt's ‘Piano Sonata’”; other presentations are to be announced later.

★ The 37th meeting, 4th of October 2020 (Sun) at Kunitachi College of Music, AI Studio
Details will be announced later.
*********************************************************
Secretariat of THE SOCIETY FOR MUSIC THEORY OF JAPAN
HP: http://sound.jp/mtsj/ TEL &FAX: 097-545-4374 E-mail: endo@oita-pjc.ac.jp
〒870-0833 大分市上野丘東1-11 大分県立芸術文化短期大学音楽科 遠藤研究室気付
Tokyo office of THE SOCIETY FOR MUSIC THEORY OF JAPAN
E-mail: dolcecanto2003jp@yahoo.co.jp (Jun Mikami)
*********************************************************

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

大学と生涯学習


====================
東京外国語大学一般聴講生としての学習を深め、キャンパスライフをより楽しく充実したものにするために役立つサイトを目指します
====================
====================






【メニュー編集】

メンバーのみ編集できます